上司の目配り・その2

『上司の目配り』その(2)

「人を見て法を説く」ことです。

部下の発達段階に応じて、指導法を変えていきます。

そのうえで、山本五十六の言葉を参考にしています。

初心者には「やってみせ、させてみて、ほめてやらねば、人は動かず」です。

初心者が仕事の全体像と自信を持つことに重点を置きます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,191*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。