じっとこらえてゆくのが...

「苦しいこともあるだろう。
言いたいこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣きたいこともあるだろう。

これらをじっとこらえてゆくのが、
男の修行である。」

勝機の少なかった太平洋戦争に反対しながらも戦争を指揮主導し、連合艦隊司令長官の責務を全うしようとする山本五十六の言葉です。

頑張りましょう。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,194*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。