月末は終了間際のキャンペーンをチェック!|QUOカードPay

新年度が始まった途端に緊急事態宣言が発令され、多くの方が在宅勤務・外出自粛の生活を続けられていることと思います。
私は在宅勤務が三週間、ひょっとしたらこのサイトをご覧の方の中には、一か月以上なんて方もいらっしゃるかも知れません。

気づけば4月も28日、もうすぐ5月!?と今朝、カレンダーを見てビックリしてしまった私がいます。

月末で終わるキャンペーンは要チェック

月末って何かと”区切り”になりますよね。ポイントサイトのキャンペーンも〇月末まで、なんてのが多いです。
お得なキャンペーンが実施されているウチに利用、忘れずにネ。

例えば今朝、私が気づいて慌てて利用したキャンペーンが、コレ。

ポイントインカム⇒QUOカードPayがお得♪

ポイントインカム⇒QUOカードPayがお得♪

ポイントサイトのポイントインカム」のポイント交換で、QUOカードPayに交換に交換すると、20%増量
手数料なしの等価交換でもお得って感じるのに、増量ですよ、増量!!
ポイントサイトのポイントインカム
お気軽・お手軽に利用できるポイントサイトのポイントインカムは、こちらからユーザー登録できますヨ!

早速、手持ちの5,000ポイントを交換。
通常でしたら500円分になるところを20%アップなので600円分。

QUOカードPay交換完了!

ハイ、ほぼリアルタイムで完了。
(最大で翌営業日くらいまで時間を要することもあるようです。)

コンビニなどで使えるお店が拡大し始めたクオカードペイ、使うとしたら、やっぱり我が家はローソンストア100かな。

ところでQUOカードPayってどうよ?

時々、訊かれるんですよね、最近出てきたQUOカードPayって、実際のところ、どうなの?って。

まず、QUOカードPayを利用できる場所。

使えるお店 | QUOカードPay
↑詳しくは、こちらをご覧ください。

コンビニのローソン、ナチュラルローソン、そしてローソンストア100で使えます。
あと、オフィスビルを中心に展開している、リーベンハウスでも。

ドラッグストアでは、全国チェーンではサンドラッグやドラッグトップス(この二つは同系列です)、あとは中部地方を中心に展開しているVドラッグ、北九州市・下関市などで展開しているサンキュードラッグでも。

飲食店では、牛丼の吉野家、松屋で使用できます。また、カフェの上島珈琲店、お好み焼き 道とん堀などでも。

うーん、プリペイドカードのQUOカードと比べると、まだまだかな。

QUOカードPayのメリットデメリット

実際に使ってみて、良かったところと悪かったところは、こんな感じ。

まず、メリット(良いと感じたところ)。
・受け取りはURLを開くだけ。
・バーコードを見せるだけで誰でも簡単に使える。
・アプリが無くても使える。
・ポイントインカムなどのポイントサイトから交換できる

他方、デメリット(改善して欲しいと感じたところ)。
・有効期限(3年)がある。
・使える店舗が少ない。

他のバーコード・QRコード決済のようにアプリをインストールしなくても良いっていうのは大きなメリットかと思います。
デメリットの有効期限、まぁ、3年もあれば十分なのかも知れませんが...でも他の決済手段だと、一部に”期間・用途限定”がありますけど、基本的には無期限なので、それを考えるとデメリットかなと。
使える店舗は、きっと今後拡大していくのだと思います。

近所にQUOカードPayが使えるお店があるとか、よく利用するお店で使えるのであれば、試してみる価値ありですが、どうしても入れなきゃダメですよー!っとまで推せる決済手段ではないかな。
↑使える店舗が少ないところが、一番の理由です。コレが改善されたら、それなりに価値はありそうです。