次世代高速ブラウザ「Brave」を4年間使い続けてわかったこと

5.0
Braveで広告ブロック その他
Braveで広告ブロック

えっと、管理人、生きてます。このサイトの更新、かなり久方ぶりですけど、管理人、ボチボチ動かしていきますので、頑張ります💪

ブラウザと言えば?

皆さん、ネットで情報収集する際のブラウザって何を使ってます?
GoogleのChromeをお使いの方が多いのかな、と想像しています。
また、WindowsのPCをお使いですと、とMicrosoftのEdgeの方も多いことでしょう。

私、Windowsユーザーで、最初ははChrome派だったんですが、今使っているのは、Braveっていうブラウザ。
インストールした直後はChromeメインでサブにBraveでしたけど、今はすっかりメインがBrave。そんな状態になって4年ほど経過しました。

次世代の高速ブラウザ、Brave!

Braveというブラウザの特徴は、大きく4つ。

不要な広告は表示しない
表示が早くて快適
暗号資産(仮想通貨)が稼げる
投げ銭(寄付)ができる

↑ってのが、興味を持った理由。
ということで、実際に使ってみて、Chromeと比較してみたのでレポート♪

比較したのは、以下の二つ。いずれも、令和6年6月24日の日本時間0時現在で「最新のバージョンです」と表示されるものです。
Chrome バージョン: 126.0.6478.115(Official Build) (64 ビット)
Brave バージョン: 1.67.119 Chromium: 126.0.6478.114(Official Build) (64 ビット)

不要な広告を表示しないから早くて快適

まずは、上記で述べた最初の二つの項目について。

広告であると判断された画像は表示されないようなアルゴリズムになっています。
だからその分、表示は速くて快適って言えます。

実際問題...

ネットのニュース・ポータルサイトのように、スポンサー広告の多いサイトですと、如実にその効果が表れているようです。
確かに使っていて、快適なのは事実です。

またYouTubeでも...

Chromeでは、

ChromeでYouTubeを視聴

ChromeでYouTubeを視聴

動画の中央下部に大きな広告が出てしまって、字幕が読めなくなってしまっていますね。

Braveでは、

次世代高速ブラウザ「Brave」でYouTubeを視聴

次世代高速ブラウザ「Brave」でYouTubeを視聴

広告が表示されないから、文字が隠れていないから字幕が読めるんです♪

スクショの元の動画はこちらです、ご参考まで。

私が管理している別サイト、新川崎・鹿島田エリアの情報ページの新川崎.jp」を表示してみました。
Chromeでは、

Chromeで新川崎.jp

Chromeで新川崎.jp

差がわかるように、ちょっとスクロールして、下広告の部分をスクリーンショットしてみました。Edgeでも、同じ見え方です。

Braveでは、

Braveで新川崎.jp

Braveで新川崎.jp

右のサイドバーにあるグルメな予約をこちら♪の部分、広告がすべて消えました。

スマホ版のChromeで新川崎.jpでグルメな予約のバナーがある部分を見てみると...

スマホ版Chromeで新川崎.jp

スマホ版Chromeで新川崎.jp

こんな感じに表示されます。

スマホ版のBraveでは...

スマホ版Braveで新川崎.jp

スマホ版Braveで新川崎.jp

これまた見事にバナーがすべて無くなりました

バナーの種類にもよるのですが、画像が消えただけで実はリンクは存在している(マウスカーソルを上に乗せると手のマークになる、タップすると表示されているハズのサイトに飛ぶ)ものもありますし、リンクそのものが消えているものもありました。
この詳しい仕組みについては、私はよくわかりませんが、とにかく画像が消えた分、表示は速くなります。

実際にどのくらい、表示が早くなっているのかと言いますと、このくらい。

Braveで広告ブロック

Braveで広告ブロック

3年ほど前に使用するPCを買い替えているのですが、3年間で1.34日分も表示時間が削減されている、つまり表示が早くなっているってことです。

ただ正直な本音を白状すると、新川崎.jpの管理人としては、お店のレビューを読んだ方が、そのままぐるなびやホットペッパー、食べログから予約ができる、っていうサイトにしてくて広告を表示しているので、それができなくなっちゃうってのは、チョッピリのマイナス点です。贅沢でしょうか?(笑)

↑注、サイトごとに設定変更することは可能です。一つ一つのドメインを指定する必要がありますが。

暗号資産(仮想通貨)が稼げる

広告が表示されないBraveですが、他方でBrave自身が目障りでない程度の優しい広告を配信しています。
PCでブラウザをBraveにしてネットサーフィンしていると...

PC版Braveで広告が出たところ

PC版Braveで広告が出たところ

こんな感じで右下にメッセージが表示されます。
拡大してみますと...

PC版Braveで広告が出たところ(アップ)

PC版Braveで広告が出たところ(アップ)

シューズのニューバランスの広告のようです。
これをクリックすると、ニューバランスのシューズ販売サイトが別タブで表示されました。

スマホ版Braveで広告が出たところ(アップ)

スマホ版Braveで広告が出たところ(アップ)

スマホ版のBraveでは、こんな感じに画面の上部にメッセージが表示されるので、それをタップしてくださいね。

面白いのは、広告を表示すると暗号資産(仮想通貨)が貰えるんです。
いただけるのは、BAT(Basic Attention Token)っていう、Braveと紐づいている仮想通貨。

報酬を受け取ります|次世代高速ブラウザ「Brave」

報酬を受け取ります|次世代高速ブラウザ「Brave」

本日時点で、1BAT≒30円程度ですので、0.25 BATポイントってのは、約7.5円ってところですね。
広告をクリックした時点では、まだ仮の状態で、確認して認められれば翌月の8日前後に付与していただけます。

仮想通貨交換のbitFlyerと提携しているので、bitFlyerに口座を持っていると、非常に便利ですよ。

貯まった仮想通貨を日本円にして引き出したり、ビットコインなどの他の仮想通貨を購入したり、そんなことができます。

投げ銭(寄付)ができる

このブラウザBrave、他に無い面白い機能として、貯まったポイントを投げ銭として使えるんです。
つまり、気に行ったホームページの管理者にチップを送る・寄付することができる、ということです。

投げ銭(チップ)できます|次世代高速ブラウザ「Brave」

投げ銭(チップ)できます|次世代高速ブラウザ「Brave」

チップの額は、自分で設定することも可能ですし、サイトの閲覧時間やアクション(アテンション)に応じて毎月、自動的に支援するという機能も付いています。

ちなみにこのサイト「ポイント生活3倍お得♪」も“Brave認証クリエイター”に登録されております。皆様からのご寄付、お待ちしております(って、ちょっと宣伝しちゃった:笑)。

ダウンロードはこちら

いかがでしたでしょうか?

そもそもChromeとBraveは、もっというと、EdgeもOperaも、Chromiunという共通のオープンソースのウェブブラウザのプロジェクトから派生しているので、ブラウザによってページのレイアウトが大きくことなることはありません。

鬱陶しい広告が表示されなくなって、表示が素早く快適になるのは良いことですが、他方で有益なバナーが消えてしまうというのは避けたいですね。
あくまでニュース閲覧のような文字情報をメインとするものや、YouTubeのように動画さえ見えれば良いということに限って言えば、Braveはとてもお勧めができるブラウザです。

ポイントが貯まるというのも、大きなメリットです。

今、大注目の次世代高速ブラウザ「Brave

↑こちらからダウンロードできます。

PCにもスマホにもタブレットにも、是非、入れてみてくださいね

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました