地震対策、最低3日、できれば7日は備えたい!

昨夜は福島・宮城で震度6強の地震! 皆様、大丈夫でした?
私は神奈川県民、川崎市の幸区なのですが、川崎市は震度4とのことで、しばらくぶりの大きな揺れで、私、少し慌ててしまいました。

備えあれば患いなし

地震や台風などの自然災害に対する「備え」、みなさんはどのくらい準備されていますか?
よく言うのが「最低でも3日分、できれば7日分用意」という話。

災害時にストップしてしまい、困るのが電気・水道・ガスなどのライフライン。
また、道路が遮断されてしまったら、食料などの支援が届くのにも時間が要しますね。
これらが復旧するのに3日~7日くらいかかる、と言われています。

なので、3日は買い物できなくても生活できるくらいのものを備蓄しておいた方が良いです。

農水省のYouTubeチャンネルに、こんな動画がありました。
非常に参考になりますし、2分半程度ですので、是非、ご覧ください。

備蓄するものですが、食品・水はもちろんですが、他にも懐中電灯やラジオなども必要でしょう。
改めて、我が家の備蓄、確認してみました。缶詰やレトルト食品は格別、災害時の備えとしての保存はないのですが、常に何食かは家にあるようにしています。

水・懐中電灯・多機能ライト

水・懐中電灯・多機能ライト

あとは、水と多機能ライト(手回し充電ができてラジオも聞けるタイプ)、シンプルな懐中電灯を備えています。
うーん、ちょっと足りないかな...防寒グッズとか、緊急時の救急グッズなども、備えておいた方が良いかな、なんて感じました。

楽天で検索してみたら、こんなのがありました。
多機能ライトが入っていて、懐中電灯(ライト)としてはもちろんですが、ラジオも聞けて、USB充電が可能とのこと。
携帯電話も外との情報をやりとりするための重要な通信手段になりますからね、何かしらのバッテリーは必要ですよね。

上のセットには簡易トイレセットも入っています。
トイレ、重要ですよね。トイレの不自由は避難所のストレス1位と言われているそうです。

他にも防寒・防風用のアルミシート、給水バッグ、軍手、ポンチョ、救急セットなど、一通り揃っています。

こちらはAmazonでみつけたものです。

しかしまぁ、備蓄品の中身はいろいろですね。
とりあえずの避難で必要な最低限のものだけで4千円前後のものから、なにからなにまでぜーんぶ揃った2万円くらいするものまで、ホントにいろいろ。
今現在、自宅にあるものが普通に使えるのであれば、新たに購入するのはもったいないですし、場所を取るだけです。
防災グッズの購入は、おすすめしたいですが、ご自宅の備蓄品を確認してから、他に必要なものは何か、リストアップしてからが良いでしょう。

自治体のホームページを確認しましょう

災害に見舞われてしまったら、自宅で過ごせるとは限りません。
被害状況によっては、避難所に避難しなくてはいけない状況となるかもしれません。

そんなときのために、自治体のホームページなどを確認して、近くの避難所を確認しておきましょう。
避難所も100%盤石の安全とは限らないので、できれば複数の避難所を把握しておいが方が良いと思います。
また、地震の場合、水害の場合...状況に応じて避難場所を考える必要があるかも知れません。

川崎市 防災マップ(逃げるところなどの 地図)
私が住んでいる川崎市では、小学校・中学校などが主な避難場所。
例えば多摩川の近くの避難場所は、水害の際には避けた方が良いのではないかと思います。

危険度を知るという意味では、どこでどのくらいの被害が想定されるのか、ハザードマップにも目を通しておいた方が良いでしょう。
お住まいやお勤めの、市区町村のホームページを確認されるのをおすすめします。