どちらがお得?ランチパスポートと食べログのワンコインランチ

平日に働いているサラリーマン&OL、所謂「会社員」にとって、楽しみでもあり、チョッピリ苦痛でもあるのがお昼ご飯
どこで何を食べる?悩みの種ですよね。
どうせなら外で食べたい。美味しいもの、食べたい。でも、コストは安く抑えたい…ホント、悩みだしたらきりがないですよね。

そんなときにお安くランチを食べる手助けをしてくれる代表格、二大巨頭(って私は勝手に読んでいます)が、食べログのワンコインランチランチパスポート
どちらも500円(税別)でランチを食べられるところは同じですが、使用のルールが若干異なるので、比較してみますね。

_ 食べログ
ワンコイン
ランチ
パスポート
使用する媒体 スマホ 紙(本)
費用と期限 500円(税別)/月 1,000円(税込)/3ヶ月
一年間の費用 6,480円 4,000円
利用可能なエリア 全国 一都市限定
同一店舗で使える回数 1回/月 3回/3ヶ月

単純にコストを時間で割ってみると...一ヶ月のみの短期間における費用を計算すると、食べログ・ワンコインが540円/月で優位ですが、ランチパスポートは千円の本を購入する形なので、二ヶ月・三か月だと、ランパスの方がお得
年間だと2,480円、ランパスの方がお得と言う計算になります。

食べログのワンコインランチは全国どこでも使えるので、一度登録しておけば、旅行先、出張先でも利用できます。実際、私も旅行先の名古屋や神戸で使ってみました。しかしながらランチパスポートは川崎版・横浜版と、各都市ごとの発売なので、そのエリアでしか使えません

また、同一店舗の利用回数も異なります。食べログ・ワンコインは、同じお店は月に1度しか利用てきません。同じお店を行きたかったら、次の月になるのを待つしかありません。対してランチパスポートは、3ヶ月で3回利用できるのですが、この3回は期間内であれば、いつでも構いません。極論ですが、三日連続で同じお店を利用することだってできちゃいます

と、一長一短あって、さらに単純に比較できないところは、同じ都市でも掲載されている店舗が異なると言うこと。
例えば食べログ・ワンコインは川崎駅周辺のみですが、ランチパスポートでは、川崎大師周辺、矢向・鹿島田・新川崎など、川崎市内の他のエリアも掲載されています。
もっと細かい話をすると、同じ「川崎駅周辺」でも、掲載されている店舗は異なります

管理人の場合、鹿島田在住、川崎駅周辺で在職のため、「ランチパスポート川崎版」があれば、自宅周辺も職場周辺も一冊でカバーされます。でも、例えば、川崎在住で横浜にお勤めの方だと、両方の都市でワンコインランチを楽しむには、川崎版と横浜版の二冊が必要ってことになりますよね。

で、どっちがお得なの?
↑って質問に行きつくのですが、私のように自宅と職場が同じランパスでカバーされる方は、間違いなくランチパスポートがお勧め
また、内勤が多くて外回りの仕事が少ない方は、やっぱりランチパスポートがお勧めと感じます。
外回りが多くて、食べログ・ワンコインランチの掲載店舗周辺によく行くと言う方は、食べログ・ワンコインの方が、お得に活用できることと思います。

両方使っている管理人ですが、正直、使用頻度はランチパスポートの方が高いです。
あと、コレは気持ちの問題ですが、ランチパスポートは本なのでペラペラめくって見るのが楽しいですし、スタンプを集めるのも、なんか楽しいです。
食べログのワンコインランチはスマホなので、本を持ち歩かなくて良いって言うメリットはありますけどネ。

ランチパスポートが発売されている都市にお住まいの方は、まずは一冊、購入してみてください。千円なので、3~4店舗行けば、元が取れちゃいますよ。

【食べログ・ワンコインランチはこちらをクリック】

【ランチパスポート 購入のリンク】


Amazonをご利用の方は、上の画像をクリックしてください。

ランチパスポート川崎版vol.2
楽天ブックスをご利用の方は上の文字をクリックしてください。

他にも全国の様々な地域でランパス、発売されています。

ランチパスポートをAmazonで検索する

ランチパスポートを楽天で検索する

皆さんもお得にランチ、いかがですか?